梱包している女性

専門店を利用するメリット

古書は見た目も古い場合は大手のチェーン店で買い取ってくれない場合も多く、買い取ってもらえるとしても本当に安い値しかつかなうことがほとんどです。しかし、古書の専門店ではその価値が大きく変わることがあります。

スマホを見ている手元

利用者の体験談

古書買取店では様々な買取形式があります。実際に大量の書籍を古書店で買い取ってもらったことのある方の体験談を掲載しています。何冊もの古書の処分にお困りの方は参考にどうぞ。

梱包している男性

お店選びのコツ

古書の買取価格はお店によって異なります。そこで自分が売りたい古書を高く買い取ってくれるお店を探すコツを公開します。重要なのは買い取って欲しい古書と買取店のマッチングです。

驚く男性

「少しでも高く古書を売りたい方は必見!ピッタリの業者を選ぶコツ」の記事一覧です。

意外な需要も

ダンボール

古書と古本は同じような感覚で使っていますね。
もう少し厳密にいうと、古書はすでに絶版になってしまった書籍など、古本のなかでもかなり古く取り扱いがなくなってしまった書籍を指しています。
希少なので価値が高くなり、高価な値段がつくものもあります。文学全集をはじめ専門書や画集、古地図や古文書のようなものも含んでいます。一方、古本はまだ書店や出版社などに在庫があって、新刊でも購入可能なものを指します。

古書を買い取ってくれるお店があり、古書買い取り店としてながらく商売を続けているお店が全国には多くあります。一般的には需要が多くはないのですが、一部の熱心な読者やコレクターからは注目を集めています。高値で取引されることも多く、1冊1万円になることもあります。セットでの販売額は数万円を超えることもあります。現在ではインターネットで依頼することができるので、利用が楽になりました。

買い取りの査定は古書の専門知識があるスタッフによって、1冊ずつ査定されます。
古書買い取り店では、大手の買い取りチェーン店では買い取ってくれないような古い本や汚れた本でも、場合によっては買い取ってくれるケースもあります。かなり古くから数代にわたって営業してきた古書買い取り店もあり、古書に対する知識や愛情があることも、古書買い取り店の特長です。

引っ越しや事務所の移転、倉庫の整理、実家の処分、遺品整理の際に大量の書籍の処分に困ることもありますよね。
古書のなかには意外な掘り出し物や貴重品が眠っていることもあります。ひとまず査定の相談をしてみるといいですね。